0

どのような葬儀と火葬方法にするかを考えておこう

Posted by author on 2018年3月22日 in 未分類 |

人もペットも等しく迎える命の最期

近年、人が息を引き取る場所は自宅以外の場所が多いとされています。
高齢化が進んだことによって病院に入院していた場合や、介護施設で暮らす中で最期を迎えるためです。
その点、ペットたちの多くは、外で事故に遭ったといったことでなければ、大好きな我が家で最期を迎えることでしょう。
この人とペットで迎える最期の場所の違いは、どこか考えさせられることでもあります。
国が在宅介護を推進していることもあり、自宅でお亡くなりになる方も徐々に増えてきています。
家族が息を引き取ったとなると、パニックに陥り、どうしていいかわからなくなりますが、
まずは安らかに眠れる場所に横たえてあげるのは、人もペットも同じです。
ただ、人の場合は主治医による死亡診断が必要ですが、
ペットの場合は家族が看取ることでその命の終わりを確認することになります。

まずすべきこととは

人もペットも、息を引き取ったとなればもたもたしてはいられません。
早急に葬儀社に連絡を入れないといけないからです。
人の場合はお寺にも連絡し、お坊さんの手配もしなくてはなりませんし、親族への連絡も必要です。
その点、ペットは息を引き取ったときに家にいなかった家族にだけ、連絡することになります。
葬儀社に連絡を入れる家族の他にも誰かいるなら、遺体の安置をしてもらいます。
バスタオルの上、もしくは下にペットシーツを敷き、北あるいは西へ頭がくるように寝かせます。
体の上にも掛け布団替わりのバスタオルを掛けてあげます。
遺体が安置できたら、お水、小皿、お花を生けた花瓶などをお盆に載せます。
さらに、ろうそくやお線香立てなども用意し、大好きだったおやつやお気に入りのおもちゃなども載せてあげます。
これが、枕飾りと呼ばれるものです。
ただ、枕飾りは家にある物で用意すればよく、どうしてもこれがないとダメという決まりはありません。
この枕飾りと共に、家族の誰からも見える場所に安置してあげます。
もし、自分だけしかいない場合には、先に遺体を安置して枕飾りを用意してから、葬儀社に連絡するようにしましょう。
遺体をそのままにしておくのはかわいそうですので、まずは安らかに眠れる状態にしてあげることが最優先です。

大森ペット霊堂でのペット供養について

葬儀社に連絡をいれよう

枕飾りを作り、遺体を安らかに眠れる場所に安置したら、葬儀社に連絡を入れます。
火葬の日時をいつにするかを決めますが、亡くなってすぐに火葬するのは辛いという場合は、
家で葬儀をするのがいいでしょう。
夏場でも、頭とお腹に保冷剤を置いて安置すれば、2~3日は大丈夫です。
葬儀社によっては、葬儀をしたいと申し出れば祭壇を組んでくれ、お鈴や焼香台なども用意してくれます。
そのためには、ペットが元気なうちから、亡くなった時にはどのように弔ってやりたいかを
家族で話し合っておくといいでしょう。
その場になって葬儀をするかしないかで揉めてしまうと、なかなかスムーズに進まなくなります。

霊園に行くか、火葬車に来てもらうかも大事

自宅に祭壇を組んでもらったなら、火葬車に来てもらい、自宅ガレージや車が置ける場所で火葬を行えば、
お骨上げのあと、再び祭壇に戻して四十九日や百か日まで家にお骨を置いておくことができます。
ただ、祭壇をどの程度借りていられるかは確認し、葬儀終了と共に引き上げということであれば、
家族が集まる場所に写真を飾り、お骨を安置するといいでしょう。
火葬車に来てもらえば、部屋の中にお骨を移して家でお骨上げをしてあげることができます。
夜間の火葬にも対応してくれるのが火葬車の一番のメリットですので、
とにかく学校や仕事を終えて家族が全員揃うまで待ってほしいという場合には、
家に火葬車を呼ぶのが一番いいかもしれません。
ペットも遠くの霊園の火葬場まで行かずに済めば、安心でしょう。
火葬後、家でのお弔いを終えたら家族揃って霊園に行って納骨をするのが、
忙しい現代人には一番適した方法といえそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright © 2018 ペットの葬儀についてまとめてみた All rights reserved.